ガソリンスタンドの働き方について!知っておきたい情報

ガソリンスタンドのバイトの仕事内容について

ガソリンスタンドの仕事の内容とは、基本的には来客したお客様の自動車やバイクなどにガソリンを入れる事ですよ。レギュラーやハイオクなど、ガソリンの種類、料金の支払い方法を聞いて、指定された定量だけガソリンを入れるだけですので、誰でも出来る簡単な仕事です。その他には、自動車に関するメンテナンスの状況などについて質問をしたり、灰皿交換をする事、洗車のお手伝いなどが仕事の内容に加わりますが、研修も充実していますので安心ですね。

ガソリンスタンドのバイト研修について

ガソリンスタンドでバイトをする時には基本的に研修がありますので、未経験の方でも安心して働く事が出来ますよ。研修の内容については基本的な業務に関する事を教えてもらう事が出来ます。ガソリンの入れ方や機器の使用方法、自動車の種類によってのガソリンの給油口、安全な自動車誘導の方法などを教えてもらう事が出来ますので、すぐに一人でも業務を行う事が出来るようになりますよ。元気な声出しの練習なども行っているガソリンスタンドも多くありますね。

ガソリンスタンドって自動車に詳しくないと働けない?

ガソリンスタンドは自動車の専門的な知識を持っている方が働くバイトと言うイメージを持っている方もいますが、実際には自動車に詳しくない方でも働く事が出来ますよ。自動車の整備や部品交換などの専門的な知識が必要な仕事は、整備士の資格を持っている方がしていますので、専門的な知識の無い方は基本的な仕事の内容だけでも大丈夫です。洗車などに関しても、しっかりと指示を出してくれる先輩が丁寧に洗車の方法を教えてくれますので、自動車について詳しくなくても大丈夫ですね。

ガソリンスタンドでのバイトは、ガソリンの給油、窓拭きなどのサービスが代表的な仕事です。危険物取扱者の資格があると有利です。