あまり知られていない工場のバイトの裏話とは?

基本的には閉鎖的です

アルバイトをする時に工場を選ぶ人がいますね。工場のアルバイトはお店とは違いどのような人たちがいるのか、そしてどのような仕事なのかが人わかりにくいのではないでしょうか。それもそのはず、観光を目的としている工場や工場見学を売りにしている工場であれば許可を得れば中に入れますし、また、お店と併設されている工場であれば作っている行程を見せるためにガラス張りにしているところも多く一般公開されていますが、普通はどちらかと言えば閉鎖的な場所なのです。

年齢もバラバラで熟練者が多い

工場のアルバイトでは人に注目してみると、ねんれいはばバラバラです。20代もいれば定年間近の人も少なくありませんね。いわゆるベテランと呼ばれる人が多いのも特徴です。ただ、年齢層としては10代や20代よりも40代、50代のおばさんのほうが多いため、例えば彼女を見つけるために働くという人にはそれほど向いていないかもしれませんね。時給はラインは900円前後のところが多く、力仕事になるとプラス100円ぐらいになります。

仕事内容は実にさまざま!

では、工場の仕事内容はどうでしょうか。工場はの仕事内容は多岐にわたりますが、基本的には軽作業と呼ばれるものが多いのです。たとえば、機械系の部工場で言えば半田付けやぺットボトルを並べる作業、ケーキにイチゴを乗っける作業のような簡単な作業が多いのですね。そのため最初は苦痛に感じるかもしれませんが、流れがわかれば割とやりやすい仕事とも言えます。変化を楽しみたければ、力仕事をするほうがいいでしょうね。ただし力仕事は男性限定のところが多いのです。

工場の求人を探す時は、希望の条件を明確にしましょう。なぜなら、求人の件数が多いので、条件を絞って検索すれば、短時間で見つかるからです。